↓↓認知症予防に効果的?なアイテム一覧です。
認知症予防のアイテム一覧

認知症情報提供カテゴリでは、認知症情報提供にまつわる様々な情報を集め、あなたに代わって集めた厳選資料を紹介させていただきます。

初心者にもわかりやすく認知症情報提供を説明されている資料ばかりです。

それぞれが認知症情報提供に対する情報を扱う優良情報ですが、各認知症情報提供のコンテンツを要約してありますので、ぜひ認知症情報提供情報の収集にお役立てください認知症情報提供の知識、資料などの情報が豊富にあります。

【若年性認知症(痴呆症)|介護情報センター】メインへ

認知症情報提供 カテゴリ

2006年01月01日

認知症の方々の願い

認知症を知るうえで、とても大事な言葉があるので、ご紹介します。

カリフォルニア「アルツハイマー患者会」が提唱している私たちの願い!
①どうぞ、私たちのことを我慢して・・・
②どうぞ、私たちに親切にして・・・
③どうぞ、私たちに話しかけて・・・
④どうぞ、私たちの気持ちを考えて・・・
⑤どうぞ、私たちを1人の人間として扱って・・・
⑥どうぞ、私たちの過去を思い出して・・・
⑦どうぞ、私たちを愛して・・・


おそらく、多くの認知症の方々が感じているのでないでしょうか。

とても、考えさせられる言葉ですね。

介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。

2006年01月15日

認知症の症状

Q: 認知症の症状にはどのようなものがありますか?


A: 認知症には下図のように中心症状と周辺症状があります。

認知症症状

中心症状には、知能低下(記憶障害)、失見当などがあります。

知能低下(記憶障害)は、少し前のことをすぐに忘れてしまうなどの症状があり、
失見当は、今日がいつなのかわからなかったり、今何処にいるのかわからないなどの症状があります。

これらの症状そのものへの対応は困難です。


一方、周辺症状には、徘徊、妄想、異食、物集めなどがあります。

徘徊: 目的もなく歩き廻る(無断外出)
妄想: ありえないことを固く信じ、訂正できない考えを持つ
異食: なんでも食べてしまう
ろう便: 便をいじる
などなど・・・

これらの症状には、少なからず動機や理由、原因があります。

認知症の方々は過去を振り返ったり、将来を見据えたりというよりも、今現在のみに生きてます。

「後で」や「明日ね」は通用しない。後が、明日が理解できないのです。

だから、場面場面での「演技的なやさしさ対応」が重要になります。


周辺症状への対応例として、
徘徊行為: 
①歩きたくないのに無理に歩いているわけではない。
②原因・理由を探ってみる。
③その原因・理由をつかむ努力をしてみる。
④原因・理由を知るために、その人の過去を知るのも1つの方法。
⑤また、排泄(便秘)・空腹・水分(脱水)・清潔等基本的な欲求の充足を図る。
⑥原因・理由がつかめれば演技でかかわれる。


異食:
①食べたくないのに無理に食べているわけではない。
②飴や消化の良いおやつ(バナナ・プリン・ゼリー等)を代替え的に提供する。
③生命の危険につながる物は、絶対に本人の周辺に置かない。
④異食のある方へは、特に体調の異変を見逃さない。
⑤徘徊と同様に、排泄・空腹・水分・清潔等基本的な欲求の充足を図る。


物集め行為:
①基本的に物を集めていても、見てみないふりをする。
②ただし、危険なもの(刃物など)は別のものを渡して代替えし、回収する。
③物集め行為に関してはあまり過敏にならず対応する。
④危険がない限りは、したい放題を受容する。


妄想・幻覚・幻聴:
①訴えを受容する。
②ただし、もの盗られ妄想に対しては否定も肯定もせず話に付き合いながら、話題をそらす努力をする。
(例えば、財布を盗まれたと訴えた場合、財布にまつわる話題を広げながら会話を待ち、心の安定を図っていく等)
③大切なのは、心を通わせる関わり方(バリデーション)をとっていくことである。


【POINT】共通点は、認知症の方を追い詰めない接し方、支える関わり方です。


以上、1つの例ですが、認知症ケアの基本は、
1: 個別的かかわりの中で、心の安心・安定が得られる関係づくり。
2: ご本人にとって可能な役割づくりをはかる。
3: その人の過去に積極的にお付き合いする。
4: 身体の不調を見逃さない(便秘・脱水・発熱・元気がない・皮膚乾燥等)
5: 当たり前の生活づくり(食事・排泄・入浴等座位での生活支援)

介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。

2006年02月01日

認知症と脳の仕組みの関係

Q: 認知症とはどのような障害ですか?


A:認知症は脳の障害です。

人の脳の仕組みは、下図のように大きく分けて2つの組織があります。
認知症は、新しい皮質に何らかの障害が発生するために起こる状態です。


認知症と脳の仕組みの関係



新しい皮質: 考える、覚える、理解する、計画する、表現する等学習しながら身に付けていく働き(理性)


古い皮質: 怒り、恐れ、快感、不快等学習しなくても身に付く働き(本能)




認知症は、主に理性をつかさどる組織に障害が起こるが、人としての本能は侵されていないため、感情は生き続けています。

例えば、嫌なことに遭遇する→不快であると感じる→だが、それを表現する理性の部分に障害がある→不快であるという適切な表現ができない→便をいじる・興奮する・無表情のままでいる等となってしまう。

決して、快・不快が分からないのではなく、それをかんじても適切な対処や表現が困難な状態に陥ってしまっているのです。

また、認知症は脳の変性ばかりでなく、例えば、生活環境の変化、食事・排泄・入浴等基本的生活介護の不十分さ、画一化された場所、役割の喪失、人間関係の喪失等が重なることによっても、心身不安を高めてしまい、進行を早めてしまう場合があります。

認知症の理解は、医学的側面ばかりではなく、身体・精神・環境等いろいろな角度・視点から見つめていくことが重要です。


参考「認知症のパターン」(竹内教授の分類をもとに整理)
①葛藤型: 老いた自分に出くわすことで、葛藤・混乱を起こしてしまう
②回帰型: かつての自分らしさを取り戻そうとする
③遊離型: 現実から遊離して、自分の世界に閉じこもってしまう


介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。

2006年03月01日

認知症とボケ

Q: 認知症とボケの違いはなんですか?


A: 認知症とボケの違いを医療の側からの考え方を例に説明します。

認知症あるいはボケという言葉はよく使われますが、両者を同じ意味でもちいる傾向がまだまだ多いように感じます。

基本的に認知症とボケは異なります!

また、認知症にも一見すると本物の認知症と同じような症状を一時的に呈する「みせかけの認知症」といわれる状態もあります。

分かりやすく、認知症とボケの区分を示すと、


認知症の状態(認知障害・失見当・幻覚・妄想等)
脳の組織に何らかの障害が起こり、その結果、頭の働きが持続的に衰えていく状態。

②ボケの状態(ど忘れ・物忘れ等)
年齢とともに脳が生理的に老化し、その結果、頭の働きが衰えた状態。


注)みせかけの認知症とは、孤独や環境変化、ストレス、脱水、低運動等により、一時的に認知症と同じような状態が起きてしまうこと。(脳変性がなくても、認知症状態を示す場合もある。)


このように、どの人にも年齢とともに起こる「ボケ」と、居場所が分からない、さっき食べた食事のことがわからない等の「認知症」を整理して理解する必要があります。

介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。

2006年04月01日

認知症の種類

Q: 認知症には、どんな種類があるのですか?


A: 認知症の種類をご紹介します。(若年性認知症、老人性認知症関係なく)

老年性認知症
原因:大脳皮質の細胞数の減少・変性(萎縮)

脳血管認知症
原因:脳卒中に伴い発病

脳動脈硬化症認知症
原因:脳の動脈硬化による循環障害

初老期認知症、アルツハイマー、ピック病
原因不明

その他として、アルコール認知症、硬膜下血腫認知症、進行マヒ、正常圧水頭症等があります。


若年性認知症はピック病、アルコール認知症が多く、
老人性認知症は老年性認知症、脳血管認知症、アルツハイマーが多いそうです。


↓もっと詳しく知りたい方はこちらを参照ください。
認知症(痴呆)

認知症を知るホームページ|原因となる病気

認知症が若年層にも増えている!

介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。

2006年05月01日

認知症対応型デイサービスで見た認知症

認知症対応型デイサービスとは、普通のデイサービスと違い、認知症の介護認定者にもしっかりケアできるよう対応してます。そのため、普通のデイサービスには見られない(受け入れてもらえない)重度の認知症利用者もいます。

私(管理人)はそういうところで働いているので、まず、現場から見た認知症を伝えたいと思います。私が働く認知症対応型デイサービスでは若年性認知症の方はおられませんが、近い方は何名かいます。

近いというのは、年齢のことです。

若年性認知症は64歳以下が該当するので、これに当てはまりませんが、70代の方は数名います。

ある70代の認知症の女性利用者は、見た目が若々しく、一見どこも悪くないように見えます。歩き回りますし、会話の受け答えも普通にできます。体が不自由な方が多いお年寄りの中では浮いた存在です。

しかし、私のことを誰かと勘違いしてます。(もちろん初めて出会ったのはデイサービスです。)間違いを正したところで悲しい想いをさせてしまうので、私はその知り合いに成りきって対応してます。短期記憶に関して障害があるので、ちょっと前のことも忘れてしまいます。

しかし、長期記憶は生きてますので、何回も認知症対応型デイサービスに通ううちに、だんだん施設名や職員や他の利用者の顔は覚えていきます。(この方の認知症は何の病気から来ているかは不明です。)

また、ある認知症男性利用は、脳血管の障害からと思われる認知症でした。(参考資料:認知症の種類

先ほど紹介した女性認知症利用者と同じく、短期記憶に障害があり、覚えることができないようでした。しかし、長期記憶は生きています。私は、その男性からよく植物のことを教えてもらいました。植物のことが好きで、本当に詳しかったです。植物に水を一緒にやったりしました。

その男性が認知症だといえる行動があります。その行動とは、若い頃に回帰してるところです。(参考資料:認知症と脳の仕組みの関係「認知症のパターン」)自分がまだ、地元で働いている気になってます。(現在は地元から離れたところの子供の家に住んでます。)よく送迎の時に、今日は実家に帰るから送ってくれと言われました。それが、毎度なので、うまく話しを合わせて説得して今の家に送ってました。

このように、見た目は普通でも、記憶や見当識に障害があるのが認知症の特徴です。

また、老いていく自分を受け入れられず、その老いとのギャップで認知症になるという説もあろそうです。

認知症に関してうまく説明できないことも多く、奥が深い病気です。

一方、若年性認知症は老いからきてるわけではなく、老人性認知症とまた違う病気ともいえますね。

どちらにせよ、認知症の方々は記憶という大事なものをなくしているので、とても悲しい想いをいているでしょう。(参考資料:認知症の方々の願い

その人たちを笑顔にするのは、周りの「人」なんですね。

孤独な想いをしている若年性認知症の方を対象としているデイサービスも最近ではあるようです。嬉しいことですね。(参考資料:若年・軽度の人が集う認知症デイサービスへ

【私の体験と参考資料により、認知症を少しでも伝えられたら幸いです。】

介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。

2006年07月07日

認知症チェックテスト

簡単な認知症チェックテストをご紹介いたします。

主に使用目的は家族の認知症が心配な時に、あなたが診断してくださいね。

では、いきます。


①今日の日付がわからなくなってませんか?(失見当)

②自分のしたことを5分後に忘れてしまったりしませんか?(健忘)

③いままで普通にできたことができなくなっていませんか?(自発性)
(例えば、女性なら家事ができない、男性なら電話を使えないなど)

④自分のいる場所を、正確に認めることができますか?(失見当)

⑤一人で留守番をすることができますか?(自立的行動)
(例えば、電話のとりつぎなど)


2問以上目立つようであれば認知症の疑いがあります。


もっとくわしく認知症チェックテストをしたいなら、
↓こちらをご覧ください。
認知症を知る|認知症チェックテスト

介護福祉士、認知症関係の資格について
認知症関連や介護福祉士などの資格についての情報はこちらを参考にしてください。




若年性認知症|介護無料情報センター参考サイト

この若年性認知症|介護無料情報センター参考サイトは3つのパートに分かれています。まず「若年性認知症の参考サイト 」、続いて若年性認知症の家族の心情を紹介する「若年性認知症の家族」、そして「認知症基礎知識」です。

若年性認知症の参考サイト - Top

若年痴呆~働き盛りにしのび寄る「痴呆」 -healthクリック

認知症の主な原因という項目の「なぜ起こる?」と「こんな兆候に注意!」というところに注目してください。病気の原因と兆候をうかがうことができます。


若年痴呆へ


若年痴呆家族会

若年性認知症の家族のための講習会や知識を紹介されてます。若年性認知症の家族のための書籍も紹介されているので読んでみるのもいいかもしれませんね。


若年痴呆家族会へ


若年・軽度の人が集う認知症デイサービス

高齢者向けのデイサービス(通所介護施設)では、認知症受け入れも通常にあるところがありますが、若年性認知症の方にはニーズがあってない場合があります。高齢者の中の若年性認知症利用者は浮いた存在になりがちなので、このようなデイサービスがあるのはいいですね。


若年・軽度の人が集う認知症デイサービスへ


認知症が若年層にも増えている!

40歳未満の方が認知症にかかるとは思ってませんでした。衝撃的な記事です。しかし、可能性はありますよね。40歳未満の介護保険に関しての記事です。


認知症が若年層にも増えている!へ


若年性認知症の家族 - Top

アルツハイマー型認知症(若年認知症)の夫

若年性認知症家族のブログです。かなり家族の心情が伝わってきます。ここまで書いているブログはなかなかないのではないでしょうか。専門用語さえ理解できればとても読みやすいです。


アルツハイマー型認知症(若年認知症)の夫へ


介護の時間

若年性認知症の家族の苦労をうかがえる記事です。ぜひ読んでみてくださいね。


介護の時間へ


認知症基礎知識 - Top

認知症を知るホームページ

認知症のことを知りたいなら、このページを調べるといいですね。認知症のチェックも出来ますし、基礎知識の習得、認知症の早期発見もできます。このようなサイトはどんどん利用したいですね。


認知症を知るへ


おばあちゃん、どうしたの?

子供に認知症を理解してもらおうと作られたサイトです。紙芝居形式で見やすく、わかりやすいです。認知症とは何なのか、感覚がつかみやすいですね。


おばあちゃん、どうしたの?へ


About 認知症情報提供

ブログ「若年性認知症(痴呆症)|介護情報センター」のカテゴリ「認知症情報提供」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは認知症介護の資格です。

次のカテゴリは認知症無料資料です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type